ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ideausa_S204_CIMG1689_R.jpg

bluetoothヘッドホン「iDeaUSA S204」を買ったのでメモ。

また家族用なのですが、bluetoothレシーバ(LBT-PAR500AV)
有線ヘッドホン(Superflux HD681B)
でワイヤレスにするのは一体化してないからか面倒くさいらしく、今回
はじめからBluetoothヘッドホンを買うこととなりました。
分からないでも無いですが^^;
amazonで、iDeaUSA JPが販売し、Amazon.co.jp が発送するものを
購入しました。

メーカーはiDeaUSAで、モデル名はあんまり書いてないですがS204という物。
別につい最近発売されたというわけじゃありませんが、

音的にまあまあよさそうで、安価で、軽くて、バッテリー時間持って、
付け心地も痛くなくて、操作性も悪くなくて、途切れなくて、
APT-X対応である(これは私の意見)。

というリクエストでこれを選びました。予算ないのにまあ指摘が多い^^;
値段は4,499円。まあ安いです。値段的に当然中国製となります。
バッテリーは14時間。
重量は 254 g (公表値)。
付属品はUSB充電ケーブル、3.5mmステレオケーブル、キャリングポーチ?

ideausa_S204_CIMG1690_R.jpg

電源ボタン、ボリュームアップ/ダウンボタン(長押しで次/前)が側面に。
USB充電端子、3.5mmステレオジャック端子が下に。

ideausa_S204_CIMG1694_R.jpg

イヤーパッドは見かけよりかなり柔らかい。痛くないです。
これに比べたらHD681Bはカッチカチです。
パッドの穴自体は小さめで耳に当たりますが、よほど長時間じゃなければ
問題ないでしょう。

ideausa_S204_CIMG1700_R.jpg

右がヘッドバンドを伸ばしてない状態、左が最も伸ばした状態。
あまり範囲は広くないですが、うちでは問題なく装着できます。

音質ですが、値段からすると満足度は高いんじゃ
ないでしょうか。
APT-Xで接続する限り、低域は少し強めでやや輪郭がぼやけるがパワフルに、
中域はニュートラルぎみのバランス、高域は低域、中域より少しだけおしとやか
という感じですが、聴きやすいバランスです。
声を聴く限り、必要な情報量やクリアーさはそこそこ確保されていますね。
特にイコライザでいじらなくても、十分使えます。

スマホやタブレット直差しのHD681BとBluetooth接続のS204と比べると、
意外にもS204の方がちょっと音が良いですね。
HD681Bの方が少し左右が広いのか、音が広めに分離するのですが
一音一音の滑らかさや、音場の艶やかさ、余韻の綺麗さ、品位の良さは
ちょっとずつS204が上回っていてます。
S/N比が高いという印象もあります。
HD681Bは少しざらつきが多いんですね。
モニター調のHD681Bに対し、S204は艶があるオーディオ的な余裕が
感じられます。

また、当然bluetoothレシーバ(LBT-PAR500AV)を使って有線接続すると
音場がより感じられ、さらに良く鳴ってくれます。
・・・家族は面倒だから使わないんでしょうけど^^;
ちなみにAPT-X対応していない古いBluetoothとペアリングすると、
全体的に音も悪くなり、声が曇ってしまいます。
これだけ注意で、なかなか良いBluetoothヘッドホンでした。



スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/7155-685e3aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。