ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows10 64bitのwindows updateで、
CPUのcore i5-2500k内蔵iGPU、HD3000の
OpenGLパフォーマンスが異常に落ちたので調べました。

パフォーマンスが落ちた
(具体的にはOpenGLの処理反応が1秒未満のものが10秒程度
かかるようになった)のは、

2017年3-5月くらいからの大規模アップデートパッチ
・KB4013429
・KB4015438
・KB4015217
・KB4019472
主に1607というやつです。

または、4月のCreaters Update(主に1703)です。

どうもIntelのiGPUでは古いHD3000はもちろん、7000シリーズのHD630など
新しいものでもOpenGLのパフォーマンスが一部落ちる場合もあるようで、
あまり信用なりません。
(そもそもHD3000はWindows10対応ドライバーはIntelサイトでは配布せず
Windows Updateでのみ配布されおり、10対応と言えるかも微妙)

とりあえず、外部GPUを付けてOpenGLパフォーマンス問題は解決
させました。
とりあえず、遅くて(といってもHD3000より何倍も速い)安い
Geforce GT710を選びました。
パワーはIntelで言うとHD4400程度らしいです。
アイドル消費電力4W程度、フルロードで19W程度と環境的にも手軽です。


このCreaters Updateでは、私が欲しかったUSB Audio Class2.0
やっと対応しました。

このUSB2.0 Audio Classがあると、本来ならWindowsドライバーが無いと
全く動かないUSB2.0 DACなどが接続するだけで使えるようになります。
(必ずしも全てが対象、というわけではないと思います)
例えばスマホ用のUSB2.0 DACもWindowsのサウンドカードに
できるわけですから、便利です。



スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/7152-bd9a6954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。