ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HIVI_k1_CIMG1625_R.jpg

続いてHIVIのツイーター「K1」です。

こちらはセール品。
1つ600円もしないです。通常は店にもよりますが15ドルくらい。
国内ではペアで6000円くらいです。
ツイーターはいくらあっても困らないので、とりあえず
確保しておきました。

振動板は25mmソフトドーム。
マグネットは、防磁型フェライト。
音圧92dB、再生周波数帯域800~25,000Hz、最大外径116mm。
重量760g(!)。

HIVI_k1_CIMG1628_R.jpg


これは超おしりが重いです。
それでいてフレームがペラペラのプラスチックなもんですから
フレームを持って勢いよく振ると多分、バキッとかいって
壊れると思います。

音質はスーパーツイーターとしてしか使ってないので中域は
良く分かりませんが、まあまあ値段なりに使える音質です。
そこそこ透明、繊細、立体感もあり、ちょっと大きめのフルレンジに
付加すると非常に使えるユニットです。
一度使ったら戻れません。
audax TM020J5ツイーターよりは確実に上だと思います。

5Ωと若干クロスオーバー的には分かりづらいですが、中々使えます。
8Ω 13cmのフルレンジに、とりあえずコンデンサーを直列に
0.9uf(ナチュラル)、1.0uf(高域重視)、1.1uf(高域ジャカジャカ出る)
という感じに追加してみました。
最終的に0.9ufが好みでした。(下記測定)
HIVI_K1_090uf_R.jpg

接続端子がファストン端子が全部刺さらない、というところだけ
使いづらいツイーターユニットです。

追記
ちなみに、既に購入済みのScanspeak D3004/602010と比べると
10Kくらいでスーパーツイーターとして使った場合、思ったほどの
差は無いです。
確かに若干高域が荒いですし、放射特性的にスイートスポットも狭くなり
情報量も落ちるといえば落ちますが、値段が600円と1万超えですから
コスパフォは断然K1が良いです。
ただD3004のFsが425Hzで、6dbで4Kなど低いクロスでは
圧倒的にD3004が上で(当たり前?)、低い周波数による劣化も
感じず、10Kのスーパーツイーターそのままの音質で4Kでも
鳴ります。

さらに追記
大分経ってから気づいたのですが、あるピアノ曲を鳴らすと
片方のユニットから異音が聞こえるのに気づきました。
小さくバリバリバリという音が出ます。
割れたような音というか、砂ノイズというか。
これはビビリ音っていうやつですね。
普通のメーカーでも経年劣化で出る場合があるらしいですが
これは新品なので、単なる製造不良です。
詳しくは分からないですが、ドームを接着するセンター位置が
ずれたりしてると出る場合があるらしいです。

いやはや・・・
最初スーパーツイーターで鳴らしていたので気づきませんでした。
4Kクロスしてある程度低い音が入ったためか、そこでビビリが
出るようになったんですね。

しかし、これはビビリ音が発生した初のユニットではないので
正直怖いですね。
以前も書いた気がしますが、
・旧Alpair5(v1)
3年程度ツイーターで使用、フルレンジに戻してみると
片側1つが普通のポップスでビビリ音発生

・W3-1797S
ある程度深い特定の低音でビビリ音(カルテットでピチカートとか)
こちらは初期不良として麻布(RIT)さんに交換していただきました。
大変ありがとうございました。

ウーハーでは今まで当たったことは無いです。
振幅に余裕があるから?
ツイーターは今回が初でしたが、フルレンジに多いんですよね。

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/7145-05807d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。