ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SENFER_PT15_CIMG1393.jpg

家族用にイヤホン「SENFER PT15」を入手してみました。
初中華ですね。

SENFER_PT15_CIMG1394.jpg

スピーカーを普段使うのであまり使いませんが、所持ヘッドフォン/イヤホン
はこちら。

PHILIPS Fidelio L2BO 約¥14000 セミオープンヘッドフォン
SonyEricsson SN-BA750 約¥1300 カナル
PHILIPS SHP9500 約¥2000 カナル
SENFER PT15 約$13 インナーイヤー(ドーナツイヤーピース装着)

カナルはちょっと苦手です。

アンプはDAC-X4J(+OPA627AU)です
(ヘッドフォンアンプは内蔵していません)。

1週間程度バーンインしました。

PT15はある程度外に広がりがあります。
ライブ感があるというか、外側の音は透明で分解能もそこそこ良い上、
余韻も美しく良いです。
ただ、低音は出ません。そんなドコドコした出過ぎな低音は
求めていませんが、それにしても少ない気が。

イヤーパッドは付属のものだとドーナツ以外ではかなり曇ります。
ドーナツ型も正確に中央に穴が来てないと、中央の声などが
少しハリすぎで音圧が高いというかクセができ、曇った上に
ついでにうるさい^^;
聞き疲れします。

イヤーパッドがビシッと決まると別物のように音が改善しますが、
かなりシビアな装着が求められます。
下の比較では、ベストなイヤーパッド位置での評価です。
もし少しでもずれたら2レベルは評価が下がります。

中域がダクトの影響をあまり良く受けていないようです。
調整不足かもしれません。
なんか潜在能力はあるのに出し切れてないというか、もったいない
気がします。

ケーブルはMMCX。安いのにしっかりしたケーブルで
絡まりづらく、使いやすいです。

声楽を聴かないなら値段の数倍以上の音、声楽を聴くなら
値段なりの音質、という感じです。

久々にイヤホンやヘッドフォンを聴き、スピーカーの音場の広さ
と全く違い戸惑いましたが、定位の良さ(中央に寄りすぎ?)は
こんな感じだったなと思い出しました。


曲によって印象が変わりますがざっくり比較します。

バランス
L2BO > SN-BA750 > SHP9500 > PT15

全体の音質
L2BO > SN-BA750 ≒ PT15 > SHP9500

ボーカル音質
L2BO > SN-BA750 > PT15 > SHP9500

音場の抜けの良さ
SN-BA750 > PT15 > L2BO > SHP9500

音場の広さ
SN-BA750 > PT15 > L2BO > SHP9500

情報量
PT15 > L2BO > SN-BA750 > SHP9500

低音量
L2BO > SN-BA750 > SHP9500 > PT15

中域の音質
L2BO > SN-BA750 > PT15 > SHP9500

高域の音質
L2BO > SN-BA750 ≒ PT15 > SHP9500

長く聞いても疲れない
L2BO > SN-BA750 > SHP9500 > PT15

歌を聴いていて楽しい順
SN-BA750 ≒ L2BO > PT15 > SHP9500

LBT-PAR500AVでのトータル音質
L2BO > SN-BA750 > PT15 > SHP9500

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/7136-27f74006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。