ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ALPAIR5 v2の予約もしたので、少しずつ進めていきます。

正式名称は何なんでしょうね。
Alpair5v2?Alpair5v2SS?Alpair5 generation2?

代理店によると7/30に香港から出荷、8月上旬に日本に入荷するらしいです。
スピーカーの予約なんて、初めてしました。
ちょっと暑いのでまったりと進めます。
といってももうエンクロージャーの木材は発注して手元にあるんですが・・・^^;

エンクロージャーはAlpair5v1が現役製品であったときに公式とかミクセルさんに載っていた
トランスミッションラインを作ります。
これは以前(ちょっと変更しましたが)作った事があります。
中高域が綺麗で、低音もまあまあ鳴って割と良かった記憶があります。
合板であれば12mm板圧でとの事でしたが、私が作って鳴らしたときは
少し箱が鳴りすぎだと思いましたので、18mmに変更します。
内容積はほぼ変わっていません。

公式でもスモール(3.6L)とラージサイズ(4.9L)のバスレフ箱の設計が公開されるようです。
ミクセルさんで見ました。

毎度の事ですが板取りを間違えたらえらいことになるので、一応3D化して確認しています。

こちらがオリジナル(公式に無いようなので一応載せました)
チューニング周波数は55Hzだったはず。
alp-5-tl-plan.jpg

こちらが今回の3D。
alpair5v2ss_tls18mm3d1.jpg
alpair5v2ss_tls18mm3d2.jpg

出来合いのものがあればそっちを買って楽しようと思いましたが
TLSが作りたいのと、天板を外せるようにしたかったので面倒ですが
作っていきましょう。

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/3222-2c5c8e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。