ただの、ピュア。

オーディオのDIYなど。
2018/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マランツのAVアンプを揃えたのでマザーボードからS/PDIF(同軸デジタル)で出したいところなのですが、JetwayのHA06(HA07も)にはS/PDIF出力に関する物は一切付属しません。
さらに純正品としてもS/PDIFボードのようなものは存在しません。
マニュアルに書いてある通り、「HDMI_SPDIF_OUT」が左に、「GND」が右に配置されたコネクタから出力されていますので、このコネクタからS/PDIFを出力する物体を自作しようと思います。
ついでにS/PDIFケーブル(これはお店に完成品が売っています)も自作します。
コストはこんな感じです。全て共立さんで揃えました。
アンプ用S/PDIFケーブル
 RCA中継プラグ 金メッキ黒 WTN-19-6180G \126x2
 RCAケーブル \0(所持)

マザーボード側
 RCAジャックボード金メッキ 1pin WTN-20-1262G \105
 耐熱絶縁ビニル電線2mx6色 KQE0.32mm2x6 \355
 QIコネクタ QI-2 \15
 QIコネクタ用コンタクトピン 10本セット QI-ZU \105
 スミチューブC黒 5.0mm \73

resize0128.jpg
まずS/PDIFケーブルからちょろっと作ります。
ケーブルをワイヤーストリッパー等で剥き、それにRCAコネクタ「WTN-19-6180G」2個を先にばらして通しておきます。
この端子1個\126ですが、ずっしり重くかなりキチンと作られてます。

resize0129.jpg
手で直接触らないよう、外側の線を纏めて横に出し、中央の線はそのまま皮膜をちょっと切ります。
ケーブル先端を全て、このように加工します。

resize0130.jpg
中央の線をコネクタの中心にはんだ付けします。

resize0131.jpg
横に纏めた線は、コネクタの裏側から出して窪みをあまり飛び出さないよう切って整え、はんだ付けします。
ケーブル両端を終えたら、コネクタを締めて完成です。
ちなみに、厳密にS/PDIFケーブルを作りたいのでしたら、75Ωの同軸線にしてください。
(RCAケーブルは75Ωではありません)
ケーブルが細くてコネクタが無駄に豪華だったので凄い隙間が・・・き、気にしないで次へ。

resize0132.jpg
QIコネクタ「QI-2」と、コンタクトピン「QI-ZU」と、「耐熱絶縁ビニル電線KQE0.32mm」を使ってマザーボードからSPDIF信号を引き出します。
(このQIコネクタには、導体直径0.6mm未満であれば入りそうです。)
オーディオ用の細い単線がある場合は、そちらの方が良いです。

resize0133.jpg
先端の被膜を剥いた線を通し、ペンチで締めて固定します。
先端と反対側のコネクタの2つの「V」は適度な長さでニッパーで切り、止まるまで奥に差し込みます。

resize0134.jpg
一応シールドしておくか、ということでアルミホイルを巻き、

resize0135.jpg
「スミチューブC黒 5.0mm」を被せ、ドライヤーで暖め萎縮させます。

resize0143.jpg
スロットカバーに電動ドリルで穴開けし、ハンドリーマーで広げダイヤモンドヤスリで整えます。
面倒だったのでカバー無しで直接アンプまで、とも思いましたが作ります。
中央の大きな穴は、RCAジャックが穴に接触しないよう余裕を持って開けます。

resize0148.jpg
金メッキRCAジャックボード「WTN-20-1262G」を

resize0144.jpg
カバーにネジとナットで止めます。

resize0145.jpg
先に作ったケーブルをマザーボードのSPDIFピンヘッダへ接続し、
「HDMI_SPDIF_OUT」に繋げた線を中心に、「GND」へ繋げた線を外側に、RCAジャックボードへはんだ付けします。

resize0146.jpg
こんな感じで完成です。


PS3001へ接続して・・・DIGITAL INでちゃんと音が出ました。
96KHzにしてもちゃんとアンプ側で96KHzと表示され認識されました。
音もアナログ出力より良いです。
DVDを再生しても正常にドルビーデジタル5.1chが再生出来ます。
ただ、AAC 5.1chはPCM 2ch STEREOとしか出ません。

PS3001は4スピーカー(フロント、リア)で使っていますが2ch PCMをNEO:6等で疑似4ch再生しても、アナログで4chを入れて再生しても、さほど変わりませんでしたので音の良いS/PDIFで使おうと思います。

後でPS3001電子マニュアルでAACの事について調べたところ、MPEG2-AAC2.0/5.1chに対応しているようです。
しかしHA06からの信号(ソースは地デジTS)がPS3001にPCMとしか表示されず、AACと出ないのでオンボードサウンドのALC888は出力自体無理なのかもしれません。
結局、「AC3 Filter」というソフトを入れ、PC側再生音を全て4chにリアルタイム変換しS/PDIFで入れることにしました。
(動画はMediaPlayerClassic HomeCinemaで再生)
PS3001ディスプレイにもちゃんと4ch(L/R/SL/SR)表示されました。

スポンサードリンク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mmmtune.blog61.fc2.com/tb.php/102-b457be32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。